遠賀町特産品「遠賀の赤芋」ご紹介

遠賀町特産品
 本格焼酎「遠賀の赤芋」お中元・お歳暮にどうぞ

芋焼酎界のベテラン、故黒瀬勉が幾年も歳月をかけて作り上げた本格焼酎 遠賀町特産品「遠賀の赤芋」

遠賀の土に合う芋を試行錯誤し品種改良して生まれた「赤芋」と遠賀町が誇るブランド米「夢れんげ」を素材に、和がめで仕込んだ味は、「口に含むとトロリと濃厚な味わいがからだ全体を包み込むように感じ、喉元を過ぎるとすっきりとして後を引かない」今までの芋焼酎では味わえなかった旨さと香りとキレが体験できる焼酎を商工会で企画して町内事業所で販売しています。

■遠賀の赤芋(価格)
遠賀の赤芋(1800ml)25度 3,150円(税込)
遠賀の赤芋(720ml) 25度 1,680円(税込)
遠賀の赤芋古酒(720ml)38度 2,830円(税込)


■遠賀の赤芋 取扱店のご紹介
かごしま屋(今古賀647-2)TEL293-2010
JAやさい畑(今古賀632-3)TEL293-1123
セブンイレブン遠賀浅木店(浅木2-1-7)TEL293-6030
仲野商店(遠賀川2-6-14)TEL293-0011
はた屋(松の本4-1-25)TEL293-2198
水上酒店(遠賀川3-1-1)TEL293-0064
ゆめタウン遠賀店(松の本1-1-1)TEL293-8600

■ご注文について
上記の取扱店へ直接お電話ください。

この焼酎は、私の人生観を変えた。 黒瀬 勉

肉厚で芳醇なアロマ。
若々しさと円熟が同居する味わい。
故黒瀬勉の野心作

鹿児島の芋焼酎を語る上で、必ずといって良いほど耳にする言葉がある。それが黒瀬杜氏。芋焼酎を作り続ける匠の集団、黒瀬一族で構成された集団で、日本中に散らばり杜氏としての評価を高めている。
この黒瀬杜氏組合の中で多くの銘酒を手がけた、ベテラン杜氏のひとりだったのが黒瀬勉だ。黒瀬勉が芋焼酎と向かい合った年月は五十五年。原料と水にこだわる黒瀬は、簡単には鹿児島以外で芋焼酎を作ろうとはしなかった。この頑固な職人黒瀬勉が、積極的に関わってくれた最後の焼酎が「遠賀の赤芋」だった。
新酒を口にした黒瀬はこう呟いたという。「これは私の人生観を変える酒になるかもしれない」。そして自己の頂点を塗り替えたときにだけ見せる一笑が零れた。
酒に杜氏の銘が入ることは少ないが、黒瀬勉の名を求めて、彼の作はすべて飲んでみたいという焼酎通もいる。この若々しい思考と円熟の技が光る黒瀬勉自慢の一品を、ぜひあなたに味わっていただきたい。